ページの先頭です。

幕末の科学技術者 大野弁吉紹介


写真:大野弁吉  大野弁吉(1801〜1870)、中村屋弁吉ともいう。

 京都五条通り羽細工師の子として生まれ、20歳のころ長崎に行き理化学、医学、天文、鉱山、写真、航海学を修得した後、突然対馬に赴き朝鮮にも渡ったといわれています。帰国後京都に帰り中村屋八右衛門の長女うた(加賀国大野村生まれ)の婿となり、1831(天保2年)石川郡大野村(現金沢市大野町)に来て永住しました。

 金石の回船問屋銭屋五兵衛の助言者となったりしましたが、藩主が弁吉の博学を聞き20人扶持で召しかかえようとしましたが、それに応じず、生涯清貧のうちに過しました。当時としては最先端の科学を駆使した発明品の数々は、現東芝の創業者で「からくり儀右衛門」と呼ばれた田中久重の技術に匹敵するといわれています。

 また、一東、鶴寿軒と号し木彫、ガラス細工、塗り物、蒔絵などのほか、からくり人形には優れた名作を多く残しました。弁吉自筆の「一東視窮録」は彼の覚え書き綴りで、科学機器エレキテルボルダ式パイルなどの図解、色ガラス、火薬、写真器、大砲、医薬品などの製法、調合、寸法などが記述されたものです。
写真:館内写真
大野からくり記念館では、 大野弁吉の技術をはじめとして、
 ・弁吉の生涯
 ・弁吉をめぐる人々
 ・「一東視窮録」の世界
 ・弁吉の写真術
 ・からくり師弁吉
 など

大野弁吉を中心としたからくり世界と、その人物背景や才能、人脈や活躍ぶり、彼の著述の中に見る技術等をパネルや実物資料で紹介しております。

 

ホーム | 館内紹介 | 大野弁吉紹介 | 交通案内 | リンク集

ページの先頭へ戻る

| もどる |

Copyright (C) 公益財団法人大野からくり記念館. All Rights Reserved.